自由が丘産能短期大学校友会
TOP支部・グループ交流部会 > 産能短大 卓球部OB・OG会(1)  40年ぶりの再会 平成25年9月21日
MENU
トップページ
校友会とは
本部からのお知らせ
支部・グループ
リンク
お問い合わせ
個人情報取扱規程

リンク
学校法人産業能率大学
産業能率大学・自由が丘産能短期大学通信教育課程
自由が丘産能短期大学
社会人通信教育の案内

その他
校歌
(東日本大震災)お見舞い
(平成28年熊本地震)お見舞い
交流部会
産能短大 卓球部OB・OG会(1)  40年ぶりの再会 平成25年9月21日
 産能短大TTC(卓球部)指導者・OB・OG会を、平成25年9月21日(土)に開催し、第1期生が卒業してから40年ぶりの再会を果たしました。
 産能短大卓球部の創部は、昭和47年に3名の有志でスタートし、昭和48年全国短期大学卓球大会で男子団体準優勝、翌49年にはダブルス戦で優勝、その後も入賞するなど優秀な成績を収めて参りました。
 卒業後は部員が全国にわたっており、日ごろの忙しさから先輩・同期・後輩との交流が図れない状況でありました。今回、2期(昭和49年卒業)山下さんと4期(昭和51年卒業)井谷さんが発起人となり、産能短大TTC 指導者・OB・OG会を開催することを企画し、校友会のご協力も得て、第8期(昭和55年卒業)までの方々との交流の場を設けることが出来ました。
 まずは母校に集合、校友会の瀬戸事務局長から大学の近況説明と学内見学をさせていただきました。近代的ビルにハイテクな教室へと、40年前とは様変わりしており、学生当時の校舎や中庭等はほとんど無くなって3号館の建物のみが当時の面影を残していました。記憶としては、この場所で学び、汗を流したことは脳裏に濃く残っており、見学しながら当時の校舎や教室で卓球をしたことを思い浮かべました。校舎の窓から周辺を見渡しながら、卓球の練習や体育の授業で駒沢体育館を利用したことなども思い出しながら、つい最近のことのようにも感じました。
 産能短期大学は、来年度から通信教育のみとなることの寂しさはあるものの、産能短大の精神や意気込みも、すべてが4年制大学へ発展的に引き継がれるとのことへの誇らしさも感じました。

 産能短大 TTC 第1期(昭和48年卒業)OB 麻生倫司
2013/10/16
   
支部・グループ一覧
本部(管理者)(16)
北海道支部(4)
岩手支部(10)
宮城支部(8)
山形支部(6)
福島支部(21)
茨城支部(60)
群馬支部(11)
埼玉支部(38)
千葉支部(2)
東京支部(81)
神奈川支部(42)
新潟支部(32)
富山支部(5)
長野支部(28)
静岡支部(10)
中京支部(22)
関西支部(95)
岡山支部(9)
広島支部(5)
山口支部(21)
福岡佐賀支部(17)
長崎支部(2)
鹿児島支部(3)
めぐろ会(9)
広報部会(7)
財務部会(1)
支部G部会(10)
交流部会(18)
校友大会部会(12)
本部理事(35)

   
ページトップへ
Copyright (C) 2009-2016 自由が丘産能短期大学校友会. All Rights Reserved.